海外業務
海外業務

複雑・未成熟な法制度、不透明な法制度の運用

現在、安価で若い労働力、消費を牽引する中間層の急激な増加、海外投資の増加等を背景にした高い経済成長率を維持する新興国への日本企業の進出が相次いでおりますが、企業の海外進出においては、進出時だけでなく、進出後の現地法人運営段階においても、進出先国の法制度の十分な情報、及び、実務に即した適切な運用が必要不可欠となります。
しかし、新興国の法制度は、未成熟で複雑なだけでなく、日本国内で十分な情報を収集することが困難であり、さらに、実務上の運用に関しては、現地の資格を有する弁護士でなければ正確で十分な情報を取得することは著しく困難を伴います。

法制度だけでなく、実務上の運用に基づいた法務支援

そこで、当事務所は、日本国弁護士だけでなく、現地の資格を有する弁護士を主なメンバーとした、日本人スタッフの駐在する現地法律事務所に業務拠点を有することで、新興国の最新の法制度だけでなく、実務に即したリーガルサービスを提供することができます。
これにより、海外進出時だけでなく、現地法人の運営段階においても、継続したリーガルサービスを提供することで、企業の安定した成長をサポートすることが可能となります。

インドネシア法務



ページの先頭へ