代表メッセージ

代表メッセージ

近年、少子高齢化産業の空洞化等の複合的な要因により日本の経済市場が縮小し、今後の縮小することが予測される中、日系企業は、世界的な価格競争のなか、より安価な労働力を求め、また、一方では、積極的な消費行動をとる中間所得層の増大、それに伴い市場規模が拡大していく新興国マーケットを取込み、成長戦略の柱とするために、高い経済成長率を維持するアジア、特に最近はASEANを中心とした東南アジアへの進出が相次いでおります。

法制度だけでなく、商慣習、バックボーンとなる文化・習慣がまったく違う国において、日系企業が海外進出を果たし、安定した収益を生み出していくためには、少なくとも、進出先国の法制度の最新情報、及び、実務に即した適切な運用が必要不可欠となります。

しかし、新興国の法制度は、未成熟で複雑なだけでなく、日本国内で十分な情報を収集することが困難であり、さらに、実務上の運用に関しては、現地の資格を有する弁護士でなければ正確な情報を取得することは著しく困難を伴います。

佐藤聖喜

[代表弁護士] 佐藤 聖喜

そこで、当事務所は、日本国弁護士だけでなく、現地の弁護士と、日本人スタッフによって構成される現地法律事務所に業務拠点を有することで、進出先国の最新の法制度だけでなく、実務に即したリーガルサービスを提供することができ、企業の安定した成長をサポートすることが可能となります。

今後も、日系企業の継続した成長のためには、新興国を主とした海外進出は急務の課題となりますが、日本法だけでなく海外の法律実務にも精通していくよう体制を整えていくことで、企業が必要とする質の高いリーガルサービスを安定して、かつ、迅速に提供し、日系企業・日本経済、及び、進出先国家・企業の安定した成長をリーガル面でサポートし貢献していきたいと思います。


ページの先頭へ